1. ホーム
  2. 最新おすすすめ情報

最新おすすめ情報

 清水公園は"お花見"の名所ですが、2月も中旬頃になりますと桜に先立ちまず「梅」のお花見が楽しめます。公園内の第一公園広場に20種100本規模の梅園があり「冬至」を中心に「八重寒紅」「八重野梅」など、堂々した古木に情緒豊かな紅梅・白梅が咲き誇ります。
 梅園では見頃になりますと恒例の「梅まつり」も開催します。2月~3月中旬の土曜・日曜日には梅園に隣接する聚楽館が「梅見茶屋」としてオープンいたします。お汁粉など、温かいもの・甘いものを召し上がりながらのお花見はいかがでしょうか。

  また3月からは、花ファンタジアも開場します。花ファンタジアにも100本の梅が植栽されておりますほか、本格的な春の訪れを感じさせる花々が皆さまの来訪をお待ちしております。

 

 

ウメ(梅)

2~3月
バラ科サクラ属の落葉高木

清水公園には、一つの木に白と紅の花をつける「輪違い(りんちがい)」(別名:思いのまま)という品種があります。源平の戦いの旗印が赤白だったことから「源平咲」とも呼ばれています。

サンシュユ(山茱萸、春黄金花)

2~3月
ミズキ科の落葉小高木

2~3月に鮮やかな黄色の小花を咲かせます。果肉(偽果)は漢方などにも用いられ、枝を使ってヨーグルトができることからヨーグルトの木とも呼ばれています。園内には、仁王門付近と遊具コーナー付近で観られます。3月以降は(開場期間の)花ファンタジアでもご覧いただけます。

 

マンサク(満作・万作)

1月下旬~3月上旬
日本固有種・マンサク科・落葉小高木

仁王門周辺で見られます。早春に先ず咲くことから、マンサクと呼ばれるようになったと言う説があります。鮮やかな黄色の花弁は、紐状で特徴的です。

 

 

見頃の花の写真を見る(2~3月)

クリックすると画像が拡大表示されます